海外旅行はTrans World

マイルに魅了された旅

とにかくマイルを貯める旅

マイル加算率を確認しよう!

ANAのエコノミークラスマイル加算率

ANAの場合、同じエコノミークラスでも加算率にこんなに差がある

より多くのマイルを獲得したいなら、マイル加算率の高い航空券を利用するのが一番の近道です。
同じエコノミークラスでも、予約クラスによって加算率は100%~0%と様々。おおよそ加算率と共に航空券代金も高くなっていきます。
同じエコノミークラス座席であっても、時には、1ランク、2ランク高い航空券を購入することで、追加料金以上のマイル獲得が出来るかもしれません。
又、一般的にビジネスクラスであれば加算率は125%。マイルも一気に大量獲得が出来ますが、ここにも加算率の落とし穴はあります。
ANAやJALのパッケージツアー用航空券だと加算率はたったの70%。普通運賃のエコノミークラスよりも低い加算率となっています。いくら安くても、これではマイルはなかなかたまりません。エコノミークラスに2回乗った方が貯められる場合も出てきます。

近年は競争激化から航空代金を低く設定する代わりに、マイレージ加算率ゼロの航空券が数多く登場しています。シンガポール航空、マレーシア航空、キャセイパシフィック航空などアジアの5つ星航空会社がその代表で、マイレージサービスよりも価格、地上・機内サービスを重視した結果と言えます。

搭乗航空会社とマイレージを統一しよう!

デルタ航空

アメリカ系航空会社は断然自社へのマイレージ加算がお得

同じ航空券でも貯めるマイレージプログラムによっても加算率は変わってきます。概ね自社のマイレージプログラムに加算するのが最も効率の良い加算率となっています。
これはアメリカ系の航空会社が顕著で、ユナイテッド航空、デルタ航空、アメリカン航空などは 無料航空券以外のどんなに安い航空券でも、自社のプログラムへの加算率は100%となっています。
一方、同一アライアンスの提携マイレージプログラムへの加算は0%の設定となっていることも珍しくありません。
アメリカ系航空会社を利用する際には、出来る限り自社のプログラムへの加算をおすすめします。

例) デルタ航空 パッケージツアー用最安値予約クラス:Vクラス


デルタ航空マイレージプログラム「skymile」 加算率100%

エールフランス航空マイレージプログラム「flying blue」 加算率25%

例) アメリカン航空 パッケージツアー用最安値予約クラス:Nクラス


アメリカン航空マイレージプログラム「AAdvantage」 加算率100%

JALマイレージプログラム「JALマイレージバンク」 加算率30%

キャセイパシフィック「ASIA MILES」加算率0%

あえての遠回りも効果的!

大韓航空

大韓航空利用のアメリカも利用価値大

直行便が飛んでいる場所へ、あえて乗継便で行くのもマイルが多く獲得出来るポイントです。例えば、フランスのパリへは成田から直行便なら6,194マイルですが、シンガポール経由のシンガポール航空なら9,970マイルとなります。
又、直行便のない都市へも乗継地によってマイル数はかわります。成田からアメリカのラスベガスへはサンフランシスコ経由で行くと、5,554マイル、一方ロサンゼルス経由で行くと5,699マイルになります。更に、ソウル経由で行くと6,767マイルとなります。
ソウル経由の大韓航空は航空運賃も比較的安く、乗り換え回数も1回のみで済みますので、十分に候補に入れても良いルートかと思います。



上級会員を目指す旅

上級会員カード

ラウンジ利用や荷物優先受取など上級会員の特典は魅力的

マイレージの上級会員に憧れる人も多いのではないでしょうか。上級会員になれれば、エコノミークラス利用時でも(たとえパッケージツアーであっても)ビジネスクラスラウンジが利用出来ますし、優先搭乗も可能となります。日系航空会社では、更にお盆や夏の航空券を一般発売日よりも早く前受が出来たり、その特典は利用価値大なものばかりです。
ではどうやって効率良く上級会員へなるか?
マイレージがショッピングやカード利用で貯まったり、お金で買うことさえ出来るのに対して、マイレージ上級会員になるためには、飛行機への実際の搭乗が必要不可欠となってきます。
お勤めをされている方にとっては、予算もさることながら、休暇の問題も出てきます。


そこで、お勧めなのは、やはり「ビジネスクラス」です。

ビジネスクラスは上級会員になるためのポイント換算が割増されるだけでなく、最低旅行日数という航空券購入の際のルールも緩和されていることが多く、短期間での旅行も可能となるのです。

キャセイパシフィック・ビジネスクラスのウエルカムシャンパン

ビジネスクラスで優雅な旅を

ビジネスクラスの航空券にはざっと以下の2つのタイプがあります。
1・航空会社や旅行会社から航空券のみを購入できる「正規割引運賃」
2・旅行会社からパッケージツアーとしてのみ購入できる「IT運賃」

狙い目はなんといっても2の航空券。ホテルや観光とセットになったパッケージツアーとして購入することにはなりますが、それでも「正規割引運賃」の航空券単体より安く購入できることがあります。
IT運賃」の航空券ですと、割安な分、マイレージのように加算率が低くなってしまう場合もありますので、そこだけ要チェックといったところでしょうか。

ビジネスクラスの旅なら、以下もご覧ください。


ビジネスクラスの旅を極めたいなら こちら

 

マイラーさんのご旅行手配なら、トランスワールドカンパニーへお任せください!