海外旅行はTrans World

マイルに魅了された旅



ビジネスクラスにもランクがある!?


ビジネスクラスと一言でいっても、航空会社によってサービスは様々です。

英国のSKYTRAX社によれば、航空会社もホテルのようにレーティングされていて、2014年時点で5つ星を獲得している航空会社は世界にわずかに6社。まずは、この6社を利用する候補にあげれば、良いサービスが受けれる可能性が高くなります。



ANA
Asiana Airlines アシアナ航空
Cathay Pacific Airways キャセイパシフィック航空
Hainan Airlines ハイナン航空
Qatar Airways カタール航空
Singapore Airlines シンガポール航空

ビジネスクラスを利用する場合には、更にビジネスクラス専用の評価も確認しておいた方がよさそうです。


ベストビジネスクラスエアライン
(キャビン総合)
1 カタール航空
2 キャセイパシフィック航空
3 シンガポール航空
4 オマーンエア
5 ターキッシュエアラインズ
6 カンタス航空
7 エティハド航空
8 ガルーダインドネシア航空
9 エミレーツ航空
10 ハイナン航空

ベストビジネスクラスエアライン シート
(座席)
1 シンガポール航空
2 JAL
3 オマーンエア
4 カタール航空
5 キャセイパシフィック航空
6 オーストリア航空
7 ANA
8 EVA航空
9 ガルーダインドネシア航空
10 ルフトハンザ
ベストビジネスクラスエアライン ケータリング
(機内食)
1 ターキッシュエアラインズ
2 オマーンエア
3 カタール航空
4 キャセイパシフィック航空
5 オーストリア航空
6 カンタス航空
7 エティハド航空
8 ANA
9 エミレーツ航空
10 南アフリカ航空



ターキッシュエアラインズでは機内にシェフがいる!

例えば、総合評価では5つ星を獲得していているANAですが、ビジネスクラスとなると、残念ながら10位にも入ってはいません。


その逆に、レーティングでは4つ星評価となっているエティハド航空、ターキッシュエアラインですが、ビジネスクラスに限ると上位にランキングされています。


ビジネスクラスの機内食だけに限っていうと、ターキッシュエアラインズは堂々1位まで獲得しています。



自分が重要視する項目の評価が高い航空会社を選ぶ選択肢もあるワケです。

ただし、こちらのランキング、レーティングを決めている「SKYTRAX社」は英国の会社です。その評価者も日本人ではありません。
欧米の人達と日本の人達では文化や価値観に違いがある分、評価の基準にも違いがあって当然。

例えば、日本ではうるさい、馴れ馴れしいと必ずしも評価はされないことが、欧米でフレンドリーだと高い評価を受けることがあります。

上記の指標は、あくまで参考に、としておきます。


ビジネスクスの主なサービス


空港ラウンジ
搭乗前のビジネスラウンジは利用価値大(ANA)

ビジネスクラスで受けられる一般的なサービス。


ブランドもののアメニティも気になるところ。 (カタール航空)

上記は、機内以外のサービスです。 一番気になる機内でのサービスについては、同一の航空会社であっても、路線によって内容や質が変わってきます。

例えば、ブランドものが採用されていることが多いアメニティキッドは、長距離路線のみのサービスで、短・近距離路線ではもらえないことが多いです。

一般に豪華な機内食についても、同じ航空会社であっても、1皿、1皿サーブされるスタイルから、ワンプレートで同時に提供されるスタイルまで、路線によって様々なサービスに別れています。


又、客室乗務員のサービスは、機内の混み具合によっても印象が変わってきます。

自分の好みのドリンクを覚え、なくなると黙ってても持ってきてくれたり、到着地の町の裏情報をこっそり教えてくれたり、そんなちょっとした客室乗務員のサービスはすいている機内でこそ、味わえるというものです。
こればかりは、自分では選べませんが、すいている便の方が、良いサービスを受けられた、と後々の印象が良いことは間違いありません。


ビジネスクラスの主な種類



ビジネスクラス以上ともなると、機材の違いで、機内での快適さが全く変わってきます。

飛行機の機材は、同一の航空会社、同一路線であっても、曜日、季節によって変わることがあります。


機材の違いは、航空会社の評価の垣根を超えます。

評価の高い航空会社の一昔前の機材よりも、評価の低い航空会社の最新の機材を利用する方が、総合的な満足度は高い場合が多いと言われているのです。

新しい機材は、機内でWIFIが通じたり、大画面テレビ&エンターテイメントが充実しているなど、娯楽の部分だけではなく、
機内での騒音が静かになり、湿度・気圧調整が進み、体にも優しくなっています。


ですから、ビジネスクラスでの旅行をとことん楽しみたいなら、航空会社同様に、利用機材にまでこだわって選択することをおすすめします。



ヘリンボーンシート




ヘリンボーン式

魚の骨という意味を持つヘリンボーン式は、座席が通路に対して斜めに配置されています。

お薦めな点:
・1席あたりの占有スペースが広い。(サイドデスクがある。)
・全座席が通路に面している。
・ベッドは水平なフルフラット状態。

不便な点:
・斜めの角度が通路に向かったタイプも多く、プライバシーが保てない。
・斜めの角度によっては、2名以上での会話がしづらい。
・他のタイプと比較すると、シート幅が狭い。

**斜めの方向によって快適性が異なります。**


ヘリンボーン型ビジネスクラスに乗れる航空会社
キャセイパシフィック
キャセイパシフィック
B777機。イレギュラーで投入。


デルタ航空
B767、B777、B747機にて定期運航中。


エアカナダ
B767機、B777機にて定期運航中。

カタール航空
B787機。羽田路線にて定期運航中。

エールフランス
B777機。羽田路線にて定期運航中。

ニュージーランド航空
B787機。2014/12より運行。

ライン

スタッガード式




スタッガード式

互い違いという意味を持つスタッガード式は、座席が半列ごとにずらされて配置されています。

お薦めな点:
・1席あたりの占有スペースが特に広い。(サイドデスクがある。)
・全座席が通路に面している。
・ベッドは水平なフルフラット状態。
・プライバシーが保たれる。

不便な点:
・2名以上での会話がしづらい造りのシートが多い。


スタッガード型ビジネスクラスに乗れる航空会社
JAL
JAL
B767機。アジア路線にて定期運航中。
JAL
JAL
B777機。欧米一部路線にて運航中。
ANA
ANA
B787機、B777機。一部路線で定期運航中。
フィンランド航空
フィンランド航空
A330機。日本全路線にて定期運航中。
スイス航空
スイス航空
A340機。成田線にて定期運航中。
オーストリア航空
オーストリア航空
B777機にて定期運航中。
アシアナ航空
アシアナ航空
B777機。イレギュラーで投入。
エティハド航空
エティハド航空
A340機にて定期運航中。
エティハド航空
タイ航空
A380機にて定期運航中。


ライン

一般座席




一般座席

ヘリンボーン式、スタッガード式が投入されるまでは、幅広く利用されていた従来のシートです。

お薦めな点:
・シート幅が比較的広い。
・2名、3名での利用でも隣り合わせで座ることが出来る。

不便な点:
・1人での利用で、窓側・中間席だと通路に出ずらい。
・リクライニングが水平にならない。180度になるシートであってもあくまでライフラット状態。(斜めに180度)
・プライバシーがない。




気になる日系航空会社の長距離路線のビジネスクラスはどうなっているのでしょうか。

ANAの主流はボーイング787と777の機材でシートはスタッガードタイプ。毎年高評価を受けています。
一方、JALはボーイング777の機材が主流。最新のビジネスクラスはスタッガードタイプでも、ヘリンボーン式でもないのですが、全席通路に面した独特な造りのオリジナルタイプ。 2012年にはベストビジネスクラスエアラインシート賞を獲得しています。

どちらが快適に過ごせるのか、実際に搭乗した際の感想は以下となっています。




ANA ニューヨーク行 B777-300ER機
ANA BUSINESS STAGGERED
ANA BUSINESS STAGGERED
JAL ニューヨーク行 B777-300ER機
JAL SKY SUITE 777

シートピッチは広いが、シート幅は若干狭め 座席の広さ シートピッチは広いが、シート幅は若干狭め
サイドに必ず座席1つ分の余裕がある 座席横の
スペース
× サイドにはほとんど余裕がなく圧迫感がある
フルフラット対応。
ベッドパッド、枕、毛布と質の高いブランド品を完備
ベッド
ポジション
フルフラット対応。
高反発マットレス、枕を完備
一般的なコントローラーで新さはない コント
ローラー
コントローラーにも画面があり、
テレビと違う画面も見られる
就航当時には機能していたが、
コントローラーでの注文は現在は非対応
× 機内食
オーダー
コントローラーの写真入りのメニューから注文可能
18型。タッチパネル式 モニター 23型。タッチセンサー式
ビジネスクラス最大級
ユニバーサルタイプコンセント
USB端子有
電源・USB ユニバーサルタイプコンセント
USB端子有
完全に並んで座れる席がなく、会話には不便 × カップルでの
利用
パーテーションを下げることで、会話が可能
ロキシタンのリップバームを含むアメニティが
ポーチに入っている
アメニティ 2014年10月よりTUMIのポーチ入りがもらえる


マイラーさんのご旅行手配なら、トランスワールドカンパニーへお任せください。