海外旅行はTrans World

世界遺産・プレアビヘア


アンコールワットのあるシェムリアップから直線距離にして140キロ。
しかしながら一直線の道路が整備されているはずもなく、実際に足を運ぶと車でおおよそ4時間の道のり。
決して近いとは言えない距離に、カンボジアで2つ目の世界遺産・プリアヴィヘアが存在している。

タイとの国境線上に位置することから、長年その領有権問題で争いが起きており、世界遺産となった今でも、完全に安心して訪れることのできる地とは言い難い。

今から1,000年以上も前の9世紀末の時代に、標高650Mものダンレック山頂上に造られた山岳寺院には、アンコールワットにはない神秘さを感じ、広大なカンボジアの大地を眺めることできる。


プレアビヘア遺跡管理事務所


ダンレック山麓にある観光管理所。ここから頂上の遺跡へは専用の4WD又はバイクに乗り換えて向かう。ガイドもここで雇うことができる。
*ちなみに、シェムリアップからガイドと共にやってきた場合でも、シェムリアップのガイドはここのガイドライセンスは持っていないので出来ない。

プレアビヘア行の4WD

急な斜面をこの4WDの荷台に乗って一気に駆け上る。

プレアヴィヘア ナーガの欄干

海抜650Mのダンレック山頂に広がるプリアヴィヘア遺跡は、東西を軸に並ぶ他のクメール寺院とは異なり、南北を軸としてに800Mの長さで広がっている。 周囲は実にのどかな風景が広がり、遺跡以外に人工物は見当たらない。
第一塔門へとつながるナーガの欄干。

プレアヴィヘア 第一塔門

第一塔門は、カンボジアの2,000リエル紙幣の図柄にもなっているほどの美しさ。

プレアヴィヘア 参道

第一塔門から中央祠堂までは、なだらかな登り坂の参道と塔門前の階段で、端から端だと約100Mほどもの高低差があるのだそうだ。

プレアヴィヘア 第三塔門

第三塔門あたりから保存状態が良くなり、塔門だけでではなく回廊なども見学することができる。

プレアヴィヘア 第三塔門

第四塔門以降は、経堂や中央祠堂、回廊などで構成されている。

プレアヴィヘア 第三塔門
プレアヴィヘア 第三塔門
プレアヴィヘア 第三塔門

遺跡をすべて見学すると、その先は断崖絶壁。
柵やフェンスなどは一切なく、崖の最先端ギリギリまで乗り出し、カンボジアの絶景を眺めることが出来る。
その景色に感動すると共に、
こんな場所に、この寺院を建てた、はるか昔の人々を尊敬してやまない。


プレアヴィヘアからの絶景

プレアヴィヘアの空

オーダーメイドの旅もお任せ下さい。